営業にかかわらず、仕事をしていると様々な失敗にぶち当たります。それはトップセールスも同じこと。ではなぜ彼らは成功を積み重ねることができているのでしょうか。

それは失敗をそのままにしないという「成功の習慣化」ができているから。実は失敗を「ある視点」で捉えることで、だれでも成功の習慣を身につけることができるのです。今回は成功の習慣化をつくるための失敗経験の捉え方についてご紹介します。

本当の失敗は「失敗を振り返らないこと」

「商談に遅刻した」「予測が甘く注文を受けた商品を欠品させてしまった」など、営業がよく起こす失敗は様々です。失敗の種類を数え上げればきりがありませんが、それぞれに共通していることがあります。

それは「振り返ることで成功の種にできる」ということ。つまり、失敗を振り返らないことが、本当の意味での失敗だといえます。

営業のよくある失敗

冒頭でご紹介したもの以外にも、営業にはある程度「よくある失敗」というものがあります。主なものには以下が挙げられます。

  • 上司やクライアントに報告し忘れた
  • クライアントとの待ち合わせの時間を勘違いしていた(または忘れていた)
  • 忙しくてメールの返信を忘れていた
  • クライアントの名前を間違えた
  • 大切な要件を伝え忘れた

失敗の大小はあるものの、皆さんも一度は体験したことがあるのではないでしょうか。

こうした失敗の回数を少なく抑えるのが、トップセールスと呼ばれる人々です。彼らが失敗を最小限に抑えることができるのは、「失敗を振り返って繰り返さないようにする」努力を怠らないから。ここに成功を習慣化するための秘訣が隠れています。

成功を習慣化するための「失敗の捉え方」

失敗をしたら「しかたないな」と思わずに振り返るようにしましょう。何が原因だったのか、今後同じ失敗をしないためにはどうすればいいのかなどを分析するのです。

もちろん分析したからといって、すぐに成功が見えてくるわけではありません。場合によっては、分析しても何度も同じ失敗をしてしまう場合もあるでしょう。

しかし、失敗を重ねることは「成功のためのポイントを絞ること」にもつながります。同じ失敗でも、その原因は違うかもしれません。それらを分析する習慣をつけることで、失敗が少なくなっていくのです。これが「成功の習慣化」につながります。

まとめ

成功を習慣化するための方法は、誰でもすぐに始めることができます。まずは失敗をそのままにせず、振り返り分析する習慣をつけましょう。それが「同じ失敗を繰り返さない」こと、そして「成功」へとつながるのです。